フランス旅行準備に役立つ情報

お土産を事前購入

エッフェル塔のお土産がたくさん! 会社用・親戚・友人用のお土産。考えただけでも多すぎるお土産の数。

私は、World Shopping Plazaさんで、モンバナの小分けされたチョコアソートと ブランデーのお酒のお土産を先に購入しておきました。 会社、親族など、たくさんの人に 同じようなお土産を配らないといけなかったので帰国日にお土産が届き、翌日に配れたので、とても便利でした。


フランス(主にパリ)では、コスメや雑貨の可愛いお土産がいっぱい!すぐ時間がすぎてしまいます。。
特に滞在日数が少ない方は、事前購入しておくと現地で焦らずお土産が探せます♪

このメリットは・・
  • スーツケースの重量制限の心配が少し軽くなる。
    スーツケースの空きがなくなる、重量制限オーバーは、お土産だと言われています。
    特にワインやオイルなど液体類を購入の場合は、すぐ重量に近づくので注意です。
    持ち帰る時には、割れないように梱包やタオルで包んだりということも必要です。
    (スーツケースの容量オーバーは、航空会社により1kgにつき1万円程かかります。)
  • 観光先で、たくさんのお土産を持ち歩かなくてよい。
    たくさんのお土産をもって美術館やレストランには入りづらいと心配していました。
  • 自分や友達のお土産をゆっくり選べる
    自分のための旅行。現地では自分のためのお買物時間を取りたいと思いませんか?

お土産は、出発前にカタログやネットから注文可能。
帰国後に配達されて、完了!

旅行から持ち帰りに気を使う生モノやビン物・お酒のお土産もあります。
箱のお菓子は、スーツケースの中ではかさ張る存在です。

もちろん、帰国後にお土産が足りなくなった場合も
この方法でお土産を買い足すこともできます。

事前購入オススメお土産

以下に紹介していますが、時期により商品乃取扱いがないものもあるようです。
アルマニャックXOブランデー
クラシックやジャズ音楽を聴かせながら熟成されたブランデー。
ブヴェ・ラデュベ ロワールワイン
ロワールの老舗1851年創業のブヴェ・ラデュベ社の芳醇なワイン。
エッフェルタワー ブランデーミニボトル
24cmサイズのエッフェル塔のブランデーミニボトル。
飲んでしまった後も置物として可愛いお土産です。
はちみつ酒
ブルターニュ地方の伝統的なお酒。
はちみつと水の混合液を発酵させて造られ、食前酒にどうぞ。
エスカルゴ
熱を加えるだけで本格的なエスカルゴが楽しめます。日本語説明書付。
フォアグラカナール
フォアグラの中でも特に珍重される、カナール(鴨)。
生ものは検疫でひっかかってしまうので、お土産での購入が安心です。
ラ・メール・プラール 塩キャラメルガレット
オムレツで有名なラ・メール・プラール。塩キャラメルを練りこんだガレット。
ミニマカロンセット
かわいらしいミニサイズのマカロン。
ラズベリーやチェリー、チョコ、ピスタチオ味とカラフルな色で女の子へのお土産にぴったり。
モンバナ チョコアソートボックス
1934年創業の老舗ココア・チョコレートメーカーのモンバナ。
アーモンドやクランチパフ、ナポリタンチョコなど8種類のカラフルチョコがたっぷり60粒!
会社やお友達へのお土産に。1個ずつや何個かまとめてラッピングして配ってもOK
レピキュリアン ローズジャム
バラの花びらから作ったローズジャム。紅茶やヨーグルトに。
チーズクレープ
ブルターニュ地方にあるミルクレープ社。
薄い層を重ねてサクッと焼き上げたクレープ生地にチェダーチーズが入っていて、濃厚な風味のお菓子です。
塩キャラメル
ブルターニュ産の塩と上質のミルク、バターを使用した塩キャラメル。
甘さの中に、たまに塩っぽさを感じる独特の味わいです。

(参考)現地での食料品の購入の注意

生ハム、ソーセージなどの肉製品は検疫の関係で日本に持って帰ることができません。
 (肉製品のおみやげについて(動物検疫所)
お酒(ワインなど)の免税は、1人3本までとなります。
 (税関:海外旅行者の免税範囲
マカロン・チョコレートのお菓子はスーツケース内で溶ける・くずれる可能性があります。
 暑い時期には、事前購入の方が安心です。
 ※マカロンは液体扱いとなるので、手荷物だと没収される可能性が高いです。必ずスーツケースに。
匂いの強いものは、スーツケース内に匂いが映る可能性があります。
 何重かに包んだチャックの袋に入れるなど、匂いがうつらないように注意です。



種類も豊富なお土産はここから

世界のおみやげ屋さん(JTB)
ラ・メール・プラール ガレットクッキーやマルセイソープのお土産も充実
世界のおみやげショップ
お菓子の種類が多くあります。1万円以上で送料無料
ギフトランド
個包装で配布用のミニお土産がたくさんあります。チョコトリュフのミニサイズも人気!

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お土産を事前購入

準備物(必需品)リスト これを用意!

ルーブル美術館 持っていくものがサッパリ分からないという場合のために、
参考までに可能性がある荷物をまとめてみました。

ページ最後には、このページで紹介している一覧表(PDF)もダウンロードできるようになっています。

スーツケースに入れるもの

準備物リスト(イメージ) 機内で使用する予定がないものを入れておきます。
<日用品・洗面用品>
  • シャンプー・リンス・トリートメント
  • くし
  • ボディタオル
  • ハミガキセット(はぶらし・歯磨き粉)
  • かみそり・ひげそり
  • クレンジング・洗顔
  • 化粧水・乳液
  • ハンドクリーム・リップクリーム
  • (気になる方)日焼け止め
  • (必要な場合)生理用品

<衣類>
  • タオル・ハンカチ
  • 部屋着(パジャマなど)
  • 下着
  • 靴下
  • スニーカー(予備として必要な場合)
<その他>
  • ナイロン袋やジップロック袋(使用済着替えを入れておく、その他整理用)
  • コンタクトの予備(めがね)
  • コンタクトケア用品
  • 湿布 (足、腰が疲れやすい方用)
  • 常備薬・薬 (※酔い止めは手持ちカバンへ)
  • 海外旅行保険コピー
  • 重要情報コピー
  • 海外対応ドライヤー(amazon楽天
  • 洗濯用洗剤(持っていく服装を少なくして現地で洗う場合)
  • 折りたたみサブバッグ(amazon・楽天
※スーツケースには、スーツケースベルトを忘れずに!(楽天amazon

機内持ち込み用手持ちカバンに入れるもの

万が一、スーツケースが到着しなかった場合に、困るものを入れておきます。
目薬やうがい薬、歯磨き粉など液体類は、ナイロンの袋に入れておきましょう。
空港のチェックで没収される場合があります。
事前に航空会社のHPで液体持ち込みについて情報確認が必要です。
<重要なもの>
  • 財布(クレジットカード、現金、現地通貨など)
  • 旅行チケット・航空券・パスポート
  • 旅行会社からの資料
  • ホテル・美術館等の予約書(ある場合)
  • 薬・常備薬(酔い止めなど)
  • マスク(乾燥に弱い方は)
<電化製品>
<機内リラックス用>
  • 携帯スリッパ(トラベラーストア楽天
  • リラックスグッズ(トラベルピロー、アイマスク・耳栓など)(amazon楽天
  • オーディオプレイヤー(ipodなど:必要な場合)
  • メガネ(コンタクトを外す方)
<その他>
  • 下着一式(荷物不着用)
  • ガイドブック(amazon楽天
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • ミニノート・ペン
  • エコバック
  • 海外旅行保険コピー
  • 重要情報コピー
  • お土産リスト
  • 南京錠(自由旅行の場合、役に立ちます)(amazon楽天
  • 折り畳み傘(使用する可能性がない場合は、スーツケースへ)(amazon楽天
  • 目薬(液体用の透明袋に入れる)
  • (3月~5月、9月~11月あたりの季節の変わり目)
    寒い時に着れる簡単なパーカーなどの上着
    機内や現地到着後、肌寒いことがあります。1枚持っていると安心です。

セキュリティポーチに入れておくもの

日本出発時には、取り出すことが多いため、必ずしもセキュリティポーチを使用する必要は
ありません。現地到着後からは、セキュリティポーチを使用した方が安全です。
最近は、スキミング防止用パスポートカバーもあります。不安な場合は、利用もお勧め!
  • セキュリティポーチ(amazon楽天
  • パスポート(取得方法はこちら
    ※スキミング防止用パスポートカバー(amazon楽天
  • 財布
  • 小銭いれ(小さい袋等)
  • クレジットカード

その他 利用する方にお勧め!あったら便利なグッズ

  • 携帯用ウォシュレットamazon楽天
    海外のトイレはウォシュレットはありません。電池で動くウォシュレット。
  • モバイルバッテリーamazon楽天)・複数ポート対応USB充電器amazon
    大容量の充電で、スマートフォンを2~4回充電可能。
    バッテリーのもちが心配な方に。
  • Bunker Ring(バンカーリング)amazon楽天
    スマホやタブレットを持参する方に。
    専用のリングに指1本を通すことで、握りすべりどによる落下を防いで持ちやすくします。
  • ラゲッジチェッカーamazon楽天
    50kgまでの手荷物の重さが測れる手荷物のチェッカー。わずか100g。
    スイッチをオンに、ストラップを通し持ち上げるだけで重量がはかれます。
  • 折りたたみ スニーカーamazon楽天
    履いていく靴とは別に、良く歩く日のために折り畳みでかさ張らないスニーカー。
  • 折りたたみ ボストンバッグamazon楽天
    折りたためるボストンバッグ。おみやげで荷物が増えてしまった時にも安心。
    スーツケースのスライドハンドルにかけられるタイプもあります。
  • ワイヤーロックamazon楽天
    フリープランの方にお勧め。荷物をワイヤーで止めておけるので便利


ダウンロードはこちらから。 ※印刷してご利用ください。空白欄は印刷後、自由に記載が可能です。
※こちらのPDFが見れない場合には、Acrobat Rerderをインストールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 準備物(必需品)リスト これを用意!

飛行機の中の過ごし方

機内での過ごし方

長時間のフライトになります。フランスまで、約12時間~13時間。
靴を履いたまま長時間は、足が疲れるので、靴を脱ぐ、もしくは携帯用スリッパに履き替える
などで調整し、リラックスした姿勢ですごしましょう。

機内で長時間同じ姿勢をとり続ける場合、エコノミークラス症候群が発症しやすいとも言われています。
水分を取り、定期的にお手洗いなどで席を立ち、肩や腕を動かしたり、足をもむなどして
体を動かしましょう。


機内食って・・?

機内食・・魚?肉? 長時間のフライトの中で、スナックや機内食が出ます。
スナック・ドリンク→夕食→スナック・ドリンク→朝食というような流れです。 夕食・朝食は、「魚もしくは肉」や「牛もしくはチキン」など2種類の中から選べます。どちらか聞かれるので、選択します。
ドリンクは、基本的にいつでももらえます。カートがそのまま置かれているので、そこから勝手に飲んでいる人もいます。







機内食にカップヌードル!? 航空会社によって出されるスナックや料理は違います。
スナックは簡単なスナック菓子の場合もあるし、カップヌードルが出る場合もあります。 カップに入った水やジュースが一緒に出てくることもあります。









機内食 お腹がいっぱい、気持ちが悪い場合は、「No, Thank you」で断ることもできます。 強制はないので、食べれる分だけ食べるということも可能です。

機内での時間の使い方

一定の時間になると、眠る時間になるため強制的に暗くなります。
眠れない人は、自分の座席上にあるヘッドライトをつけ、本を読むこともできます。

飛行機によって違いますが、座席前にあるTVモニタで映画や音楽ゲームを楽しめる場合もあります。
<機内サービス>
(距離や座席ランクにより異なります。)

機内ですることとして、本を読む、音楽を聴く、窓の外を見るなどになるかと思います。


機内で眠る時

機内でリクライニングをしたとしても、長時間一定の体勢で眠ることは、
想像以上に肩や腰に負担がかかり、肩こりや腰痛の原因になります。
※機内の各座席に綿入りの柔らかいクッションが無料で置かれていますが、
  両手に収まる小さ目のサイズです。

首の固定に利用するトラベルピローや腰・背中の後ろにクッションとしてエアピロー
利用すると、長時間の体勢にも少し軽くなります。

寝違えてしまった時には、機内で肩や首を回してコリをほぐす、
もしくは到着後、湿布をはるなどの方法が有効です。


機内でのコンタクト着用は?

機内では、乾燥します。コンタクトを着用している場合は、目がゴロゴロする場合もあります。
目の痛みがひどくなる前に、度々コンタクト用目薬を使用する、
もしくは メガネで搭乗することがオススメです。


機内での注意点(女性向け)

  • 機内の乾燥について
    機内は、エアコンでの機内温度調整のため乾燥を感じる場合もあります。
    乾燥が気になる方は、乾燥対策のミニスプレーを手荷物に持参しましょう。
    (液体スプレーは、空港の手荷物検査では液体チェック用の袋に入れておきます)


  • 機内での化粧について
    長時間のフライトで化粧をしたまま過ごすことが不安な場合は、
    シートタイプのメイク落としでメイクを落とすこともできます。
    メイク落とし用シート、化粧水パック、乳液パックが含まれた1日用のトラベルセットが便利です。
    (これもは、空港の手荷物検査では液体チェック用の袋に入れておきます)

    機内のトイレは水も使いにくく、狭いので顔を洗う事は難しいですが、
    乗継の空港に到着後、トイレで顔を洗うこともできます。
    ほとんどの場合、フランス到着後、すぐにホテルへ直行することが多いので、
    ホテルの部屋に到着後すぐにメイクを落としても良いでしょう。

    私は、メイクは落としませんが、時々あぶらとり紙を使うなどでケアをしていました。
    長時間のメイクは、肌質の負担になることも多いと感じていたので美容液も少し持って行きました。

    旅行中は、長時間のメイクや水の違いで肌のトラブルが発生しがちになりますが、
    帰国後には、数日~数週間、日常のケアで元に戻ります。


  • 機内でのハミガキは?
    長時間のフライトの中で、ご飯を食べたり寝たり、口の中の気持ち悪さを感じることがあります。
    気になる場合は、ガムを噛むんだり、トイレで簡単に歯磨きをすることもできます。
    手荷物の中に、トラベル用の歯磨きセットを用意すると便利です。(液体用の袋の中に入れておく)
    機内のトイレには、うがい用の紙コップが用意されています。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 飛行機の中の過ごし方

フランス旅行の添乗員さんって?

エッフェル塔 フランス旅行のツアーの添乗員さんは、
フランス語ペラペラの添乗員さんもいれば、
英語でやり取りをする添乗員さんもいらっしゃいます。
(ツアーや旅行会社により異なります。)

「添乗員付きツアー」と称するツアーでは、
日本の空港を出発時から、
フランス到着後、滞在中を含め
帰国時の日本の空港で解散するまで、
ずっと案内をしてもらえます。
(現地では、現地ガイドさんによる案内の場合があります。)

出発時の空港で添乗員さんの対応

出国~現地到着まで各所の手続きの説明・案内されます。

  • 航空券チケットが配布される
  • スーツケースの預入、荷物チェック、出国チェックの説明、指示
  • 航空券の座席がどの辺りかという案内
  • 免税店の利用に関する案内
  • 入国審査に関する案内
  • 乗り継ぎ(終点)空港到着時の案内 など

まず、今からどのような手続きを踏み、今後どのように流れるという
案内を聞き、全て自分でも把握する事ができます。
スーツケースの預入が終わると、手荷物を持って、添乗員さんのところへ戻り一緒に
出国チェックの所へ向かう。もしくは自身で出国チェック、搭乗口で待ち合わせとなります。

フランス現地(バスの中)で

ナポレオン3世の居室(ルーブル美術館) バスの中では、日本の観光バスと同じようにフランスにまつわる話をしてくれます。
話してくれる内容としては、以下のような話があります。
  • 1日のスケジュール・集合時間など
  • 自由行動の場合、ホテルへの戻り方、タクシー待機場所など
  • 予定の都市で気をつけたい事
  • スリ・移民について
  • チップについて
  • 買物スポットについて
  • 免税手続き(Détaxe デタックス/Tax Refundt タックスリファウンド)について
(全く知識が無い場合でも、バスの中で話から教えてもらう事が出来ます)


フランス現地(観光地)で

ツアーに、「イヤホンガイド」での観光などという表記がある場合、
フランス現地では、「イヤホンガイド」という機械を使って街を案内されます。
マイクで話す説明の声が、ツアー客には、片耳につけるイヤホンから
無線で聞き取れるようになっています。

観光地には人が多いため、添乗員(ガイド)さんが大きな声を出して呼んだり、
説明をしたりする事ができないためです。
通常、離れすぎていない距離では、十分声を聞き取る事ができます。

美術館や博物館の案内は、別の現地観光ガイドさんがされる場合もあります。
現地観光ガイドさんは、日本語を話せるフランス人の方、もしくは現地在住の日本人の方です。
(ツアーにより「イヤホンガイド」が無い場合もあります。
 その場合の観光方法は、旅行会社、ツアー内容によって異なります)

フランス現地(ツアーのレストラン)で

シャンゼリゼ通り 添乗員さんは、一緒にご飯を食べる事はありませんが、
状況により、一緒にご飯を食べることもあるようです。
(私の場合は、添乗員さんが同席して一緒に食べることはありませんでした。)
レストランでのことは、レストランのスタッフさんに伝えます。

食事終了時間には、添乗員さんが店内に来られますが、
困った事がある場合は、呼ぶことが出来ます。
レストラン内のどこか、もしくはバスには、待機されています。


フランス現地(ホテル)で

エッフェル塔からみた景色 添乗員さんがホテルのチェックイン手続きをし、各部屋のキーを配ります。 朝食がある場合は朝食の時間、翌日の集合時間を伝えられ、解散となります。

チェックアウト時は、自分でキーを返し、飲み物や電話を使った場合は、 フロントで、各自料金の清算が必要となります。


その他

具合が悪い時、体調が悪い時は、すぐ伝えましょう。
気を使って言わないより、ひどくならない前に伝えたほうが良いです。
体調が悪い場合には、病院まで付き添ってくれます。

現地に慣れている添乗員さんの場合、自由行動の時のお勧めスポットなどを
コミュニケーショントークの中から、色々な情報を聞き出すことができます。
オススメのお土産やレストランなど気になっているけど、どうしよう?と思う事は、
まず、相談してみても、よい情報が聞き出せるかもしれません。

スリに会った時、貴重品を紛失した時は、すぐに伝えましょう。


添乗員さんとの相性があるかとは思いますが、何かのご縁と、旅行は楽しむものです。
時間を守る、ルールを守るなど自分たちが規則を乱して添乗員さんに心配をかけないよう
楽しい旅行にしましょう♪

添乗員さんによっては、色々な良い情報をどんどん提供してくれる方もいらっしゃいます!

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フランス旅行の添乗員さんって?

ツアー選びの注意点

車窓から?

ツアーの詳細を確認! 選んだツアーは、含まれている観光地が盛りだくさん!!なツアーは要注意。 ツアーパンフレットのどこかに「車窓」の文字はありませんか?

車窓は、「バスからの景色を見る」だけというもの。 観光スポットが多いフランスでは、全ての観光スポットで 時間を取って観光をしていると、もちろん時間が足りないので、 外から見て終わりということも多々。

見れる観光スポットは限られているけれども、 歩いてじっくりな観光なのか、車窓からなのか。確認を。

催行人数って?

これは旅行が実施される最少人数です。
旅行会社、ツアーによってこの人数は異なります。
「催行人数が2人」になっているツアーは、最少、2人揃えばツアーは実行されます。
「催行人数が20人」のツアーは、20人の申し込みがないとツアーは実行されません。
逆に、ツアー中20人がずっと同じ行動になるので、大人数が苦手な場合は注意です。

催行人数が多いほど、リーズナブルになるツアーもあります。
ツアー人数が気になる場合は、催行人数のチェック!
それと旅行会社の方にも、申し込み人数を聞くと人数を教えてくれます。

ツアーの申込締切日(出発日の○日前など)までに催行人数に満たなかった場合は、
旅行会社の方から、出発日の変更などの相談があるかもしれません。

ツアー料金に含まれない料金とは

支払っているツアー料金以外に現地で必要になる費用があります。

例えば・・
  • 食事のときのお水やワインなどのドリンクは、全て実費支払いになります。
  • ベッドメイキング用のチップ(1日1人1ユーロ)
  • ドライバーさんチップ(最終日に融資で回収されることも)
  • トイレチップ(50セント~1ユーロ)
ツアーを予約時に旅行会社さんに念のため確認しておきましょう。

宿泊都市・ホテルの場所は?

ルーブルピラミッド(ルーブル美術館) ツアーパンフレットの行程表にも書いてありますが、
モンサンミッシェルに宿泊の場合、島内や対岸のホテル宿泊が多く、 パリ宿泊の場合、比較的交通の便の良いホテル宿泊が多いですが、 ツアーの料金により、近郊のホテルになる場合があります。追加料金で交通の良いホテルに変更できるオプションもあります。
パリの自由行動の場合には、パリの中心街にあるホテルの方が便利です。

※フランス以外の国の場合は、宿泊都市が書いてあっても、 有名な観光地の近くではなく、バスで30分位の距離の近郊都市になる可能性があります。

ホテルが決まっているツアーの場合は、ホテルの場所が大体分かるのですが、
ホテルが決まっていない場合は、出発日の2週間前位にホテルが決まることになります。


夜に少し遊びに行こうかと考えている人は、行程表をもらってから
ホテルの住所で検索し、ホテルから中心街までの距離を把握することもできます。
(海外に慣れない場合は、夜の個人行動はお勧めしません)
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ツアー選びの注意点
1  2  3  4  5  6  7  8  9
フランスについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
出発直前対策
Wi-Fi・スマホ関連
その他