フランス旅行準備に役立つ情報

スーツケースの荷物パッキング方法

小袋にまとめる 大きなスーツケース。どうやったら、うまくまとまるの!?

小さなものは、小さなものばかりをまとめて、
中くらいの袋に入れます。(ジップロックなどに)

小さなものをまとめる時は、シチュエーションに合わせて
まとめると使いやすくなります。
(例えば、お風呂で使う、洗面所で使うなど)

シャンプー・歯磨き・洗顔などを一括でバスルームポーチにまとめても便利です。

使うのは、100均に売られているグッズ。


スーツケースの上手なパッキング方法とは??

衣類圧縮袋を利用♪ 大きなもの(大きくまとめたもの)から→小さなもの(小さくまとめたもの)を詰めます。

1.まず、服は、衣類収納袋に小さくたたんで
  (くるくるっと丸めて)入れます。
2.何着か入れた所で、ジップを締め空気を抜きます。
  もし空きスペースがあるようなら、
  靴下やタオルをいれてもOK。
※服は、旅行の後半日程の服は、袋の後ろに詰め、
  前半日程の服は、袋の前に詰めておくと、
  取り出しやすくなります。

下着も、同じように中位の衣類収納袋にまとめて入れておくと、
服とゴチャゴチャにならず整理されます。

トラベルポーチを活用 用途別に分かれたポーチの トラベルポーチセット(Amazon楽天)を利用すると、整理しやすく収納しやすいです。


スーツケースを開いて
下側(深い方)に重みのあるもの(液体関係など)を
上側(ふたになる部分)には軽いもの(服など)を入れると安定します。


スーツケースにそれぞれの袋(大きなもの)を
詰めていき、スキマがあれば、
タオルやハンカチを入れて周囲を固定するようにします。

小物はbi小袋に

薬も小袋に入れました。 薬やバンドエイドなども、箱から出し、
必要な薬と使用方法説明書だけを
それぞれ小袋に入れて持っていくとかさばりません。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スーツケースの荷物パッキング方法
フランスについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
出発直前対策
Wi-Fi・スマホ関連
その他