フランス旅行現地で役立つ情報

ショッピングの注意点

お店・レストラン・デパートなど

ヴェルサイユ宮殿 お店はほぼ、日曜日・祝祭日は閉まっています。
土曜・日曜休み、日曜・月曜休みと言う場合もあります。
行きたいお店がある場合は、ガイドブックやホームページで確認を。
※マレ地区は、日曜でもあいているお店が多いです。

クリスマス前後・年末年始も早く閉店したり定休日の場合があります。

<その他の注意>
  • お店に入る時、出る時には、挨拶を。
     Bonjour(ボンジュール:こんにちは)、Merci(メルシー:ありがとう)など。
  • ディスプレイや陳列されている商品を勝手に触れたり手に取ったりしないように。
     触りたい時には、必ず店員さんに確認するように。
     ※小さいお店や可愛くディスプレイされているお店では特に注意。
      勝手にさわると、きつく言われたり不機嫌な対応をされる場合があります。
     「Je peux essayer ceci?(ジュ プ エッセイエ ススィ?:試着してもいいですか?」
     「Je peux le(la) toucher?(ジュ プ ル(ラ) トゥシェ ?):触ってもいいですか?」
  • クレジットカード利用の場合は、パスポートや暗証番号(数字)を求められる場合があります。
     暗証番号は忘れないように。


  • マルシェ:Marche

    パリには、各区に様々な朝市(マルシェ)があり、
    マルシェごとに花、魚、オーガニック(フランス語でBIO)など特徴があります。
    食料品だけではなく、すぐ食べられたりテイクアウトできるデリもあります。

    支払いは現金が基本。午前10時位から込み始めるので、朝早めがお勧め。
    開催日はマルシェにより異なります。朝7時位からあいています。
    日曜開催しているところも多いので、お店が定休日でもマルシェを楽しめます。
    ※こちらでも混んでいる場合、現金を狙うスリも多くなります。手荷物にはご注意を。

    蚤の市:のみのいち:Frera market

    お店が休みの日は、街の広場等で「蚤の市」が開かれます。
    高価な骨董品から生活雑貨までいろんなものが売られている市です。

    支払いは現金が基本。値札がついていても、価格交渉もできるかもしれません。
    蚤の市には、人が多く、現金を狙うスリも多くなります。手荷物にはご注意を。


    より大きな地図で Pari を表示

    有名な蚤の市は、
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ショッピングの注意点