フランス旅行現地で役立つ情報

フランスの雑学・豆知識

買物・ショッピング

  • お店に入った時には、必ず挨拶するのがマナー
    フランスではどのお店でも日本のように店員さんが「いらっしゃいませ」と声をかけてはくれません。
    お店に入る時には、必ず「ボンジュール!」と聞こえるように挨拶とニッコリをしてみましょう。
    チケット売り場やレジなどで順番になった場合も同様です。
    そこから店員さんもニッコリ対応をしてくれます。
    もちろんお店を出る時も挨拶を。
  • 日曜日は定休日の店が多い
    デパートやお店などは日曜日定休日のお店が多いです。
    行程表で曜日の確認と行きたいお店がある場合は、ガイドブックなどで開いているかを
    確認しておきましょう。(※マレ地区やシャンゼリゼ周辺は開いているお店もあります)
    美術館や蚤の市、マルシェは開いているので、こちらを楽しんでもよいかもしれません。
  • 勝手に商品に触れるのはダメ
    勝手に商品に触れたり、手に取ることはフランスではタブーです。
    必ずショップスタッフに声をかけて取ってもらってからにしましょう。

食べ物

  • サントリーから発売のオランジーナ(ORANGINA)はカフェで飲めます。
    オランジーナはフランスの国民的炭酸飲料。コカコーラと同じくらい人気です。
    フランスのカフェで出てくるものは、「バルビーボトル」というオレンジをかたどった
    ガラス瓶に入った可愛いサイズ。
    炭酸飲料ですが、飲む前に、瓶をくるんとひっくり返して、果実繊維を少し混ぜてから飲むと美味しい。

交通や街並みなど

  • 右側通行のルール
    フランスでは車も歩行者も右側通行。道路を渡る時にはご注意を。
  • フランスには電柱・電線がない!
    フランスには都会も田舎も電柱・電線がなく建物と風景だけの街並みを堪能できます。
    電柱などは地中に埋められています。

その他

  • 子供も喫煙する&路上喫煙・街中のポイ捨てが残念。
    タバコを購入したい場合には、店頭に「TABAC」の看板が掲げられています。
    18歳未満にタバコの販売は禁じられていますが法律がないため、18歳以下でも喫煙をみかけます。
    ※タバコの値段はかなり高いですが・・。
    フランスでは店舗などの公共の場所では、法律で喫煙は禁止されています。
    喫煙をしたい時には、外(路上喫煙)やカフェやレストランのテラス席でとなります。
    テラス席は心地よいいイメージですが喫煙の煙がある可能性があります。
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フランスの雑学・豆知識